活動報告ブログ

広報誌「あおば」が1都3県JA機関紙コンクールで優秀賞を受賞しました

1月23日(月)、台東区の日本農業新聞にて「1都3県JA機関紙コンクール」の表彰式が開催され、JA東京あおばの広報誌「あおば」が優秀賞を受賞しました。

 

 

同コンクールは、JAの機関紙の機能向上と編集技術のレベルアップを目的とし毎年開催されています。今年度は1都3県から37の機関紙の応募があり、㈱KADOKAWA「横浜ウォーカー」「千葉ウォーカー」の山本編集長が審査員長を務めました。審査総評では、「女性や年齢層を意識した誌面作りや文章の分かりやすさ、地域密着型の企画に好感が持てた」とコメントをいただきました。

 

 

広報誌「あおば」は年に4回発行しており、次回発行の4月号で節目となる80号を迎えます。これからも皆さまに楽しんで読んでいただけるような誌面作りを心がけてまいりますので、今後とも広報誌「あおば」をよろしくお願いいたします。

 

広報誌「あおば」はホームページ上でも公開しておりますので、ぜひご覧ください!広報誌「あおば」はこちら

3 人がいいね!しています

青壮年組織協議会 JA京都市の視察受け入れました

JA東京あおば青壮年組織協議会は、1月18日(水)、大泉地区にある直売所「こぐれ村」と生産者の圃場で、JA京都市山科南部支部 青壮年部員8名の視察研修を受け入れ、意見交換会を行いました。

 

 

こぐれ村では、生産者が出荷するシステムや価格決定の方法などについての質問がありました。

 

 

意見交換会では、話題は多岐にわたり、直売所の利用率や後継者問題、農作業時の周辺環境への配慮、鳥獣被害、伝統野菜のブランド力と販売力強化についてなど、互いのJAの報告を行いながら活発に意見が交わされ部員同士の交流が深まりました。

 

東京あおば・118・青壮年組織協議会視察研修受入②

 

 

JA京都市山科南部支部の皆さま、ありがとうございました。

7 人がいいね!しています

中村橋支店で即売会を行いました

JA東京あおば練馬地区振興センターが金融店舗の貯金デーに合わせ開催する地場産野菜の即売会が好評です。

 

今年度初となる取り組みで、同センターの若手職員が企画し、1月で3回目の開催となりました。

 

 

中村橋支店は、西武池袋線の中村橋駅から近く、人通りの多い千川通りに面しており、支店前で地場産農産物の販売を行うことで、農産物の販路拡大や、支店利用者や地域住民へ都市農業をPRすることが目的です。

 

 

支店の開店時間にあわせ、9時から販売を開始。支店正面入り口前の販売ブースには、キャベツやダイコン、コマツナ、サトイモなど新鮮な地場産農産物を並べました。

 

ご来店いだいたた皆さまありがとうございました。

 

12 人がいいね!しています

自己改革への取り組みをホームページ上で進捗状況開示しています

JA東京あおばは、先月、JAのホームページ上に「自己改革 取組報告」のページを開設しました。

 

JAが取り組む3つの改革と第7次中期経営計画の進捗状況について半期毎に進捗状況を報告していきます。同計画は、4つの柱「地域農業戦略」「地域くらし戦略」「経営基盤戦略」「地域協同組合戦略」からなり、それぞれの戦略すべての具体的実践事項について情報を開示します。

 

各事業の進捗状況は、各部署からの進捗状況報告を基に3段階に分け、管内の基幹作物の生育状況になぞらえて、「企画中」を「種まきの様子」、「進行中」を「種が発芽する様子」、「実施」を「作物が実る様子」で表現。また、8月に開設した「JA東京あおば活動報告ブログ」ともリンクさせ、より詳細なJAの活動が閲覧できる仕組みとなっています。

 

ぜひ、ご覧ください。

「自己改革取り組み報告」ページ 

 

 

16 人がいいね!しています

板橋区城北野公園球場で「新春七草がゆの集い」が開催されました

板橋ふれあい農園会と板橋区は7日、板橋区城北野公園球場にて、29回目を迎える「新春七草がゆの集い」を開催しました。

 

JA東京あおばも地域に根ざしたJAとして開催に協力しており、先着1,000名に無料で七草がゆを振る舞いました。

 

 

地域によって特色のある「七草がゆ」。7日の朝に1年の無病息災を願って食べられる日本の伝統の行事食です。

 

同集いでは、地場産野菜をふんだんに使いオリジナルでニンジン、サトイモ、長ネギなどを加えて炊き込んだ七草がゆが伝えられています。

 

DSC_0763

 

同農園会の会員が大釜を6つ使って調理し、完成した板橋オリジナルの「七草がゆ」には最後にお餅が入れられました。

 

 

また、会場内には農作物の豊作を祈願して飾られる「繭玉かざり」も設置され、米粉に熱湯と食紅を加えて作った紅白の団子と、キンカンの果実をケヤキの枝の先に付けて会場に彩りを添えました。区内産、野菜や園芸品の販売も行われました。

 

 

 

 

18 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧