活動報告ブログ

イベント

ふれあいの里で皐月展示共進会を行いました

JA東京あおばは、16日、皐月展示共進会を総合園芸センターふれあいの里コミュニティ広場にて開催しました。共進会はJA練馬地区さつき部会員の技術向上を目的に、花の見ごろを迎える5月の3週目に行われ、今年で42回目の開催となります。

品評会形式で行われ、花を評価する銘花部門と、盆栽としての出来栄えを競う競技花の3部門65点の出展がありました。今年度は全体的に開花が早まり心配されていましたが、立派な皐月が数多く展示されました。

 

出展された作品は20日まで同会場で展示され、季節の風物詩として来店者の目を楽しませていました。また、さつきの即売会も同時開催され、好みの品種の育て方を熱心に聴く愛好家の姿が見られました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

2 人がいいね!しています

春の植木市に参加しました

JA東京あおば板橋地区園芸部会は4月21日(土)~22日(日)の2日間、板橋区主催の「春の植木市」に参加しました。会場の高島平噴水緑地広場には、季節を感じる色とりどりの植木や花が並びました。

 植木市は40年以上も続く毎年恒例のイベントで、100種類以上の植木・花・盆栽の販売を行い、多くの区民で賑いました。

 

8 人がいいね!しています

教育文化活動セミナーを開催しました

2月7日(水)、石神井支店で平成29年度JA東京あおば教育文化活動セミナーを開催しました。

 

JA役職員、青壮年部員、女性部員を含む約330人が参加した。同JAでの教育文化活動セミナーの開催は今年で4回目です。

 

基調講演では、家の光講師の板野光雄氏が『正念場を迎えたJAと教育文化活動の重要性』と題し、ご講演いただきました。また、政府の農協改革にもふれ、役職員が改めて今後のJAについて考える機会となりました。

 

東京あおば・0207・教育文化活動セミナー

17 人がいいね!しています

こぐれ村 秋の収穫祭を開催しました

11月11日(土)、12日(日)の2日間、ファーマーズショップこぐれ村で秋の収穫祭を開催しました。

季節の花苗や地場産農産物の販売だけでなく、女性部による田舎まんじゅうとお赤飯、青壮年部による焼き餃子など、会場は大変盛り上がりました。

 

青年部は、毎年恒例の餅つきをおこない、つきたてを「きなこもち」「からみもち」として販売しました。

会場を彩った「宝船」も、2日目には恒例の宝わけを行い好評でした。

 

 

16 人がいいね!しています

「板橋区農業まつり」が開催されました

東京都板橋区が主催する「第40回板橋農業まつり」が、11月12日(土)、13日(日)の2日間開催され、JA東京あおばが協力しました。

「都市農業の新しい価値を板橋から。そして、未来へ」をテーマに開催され、2日間で9万2千人が来場しました。

 

オープニングパレードでは、JA板橋地区青壮年部と役職員が、地場産の野菜で作った「宝船」を、地元の小学生が縄を引き、迫力ある宝船に多くの沿道の方から拍手がわいていました。

 

また、地場産野菜の即売や、女性部による田舎まんじゅうの販売、植木市、農業祭共進会も生産者とJA職員が協力しながら行われ、会場は賑わいを見せていました。

 

 

ANN04 板橋農業祭り②

17 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧