活動報告ブログ

イベント

こぐれ村 秋の収穫祭を開催しました

11月11日(土)、12日(日)の2日間、ファーマーズショップこぐれ村で秋の収穫祭を開催しました。

季節の花苗や地場産農産物の販売だけでなく、女性部による田舎まんじゅうとお赤飯、青壮年部による焼き餃子など、会場は大変盛り上がりました。

 

青年部は、毎年恒例の餅つきをおこない、つきたてを「きなこもち」「からみもち」として販売しました。

会場を彩った「宝船」も、2日目には恒例の宝わけを行い好評でした。

 

 

9 人がいいね!しています

「板橋区農業まつり」が開催されました

東京都板橋区が主催する「第40回板橋農業まつり」が、11月12日(土)、13日(日)の2日間開催され、JA東京あおばが協力しました。

「都市農業の新しい価値を板橋から。そして、未来へ」をテーマに開催され、2日間で9万2千人が来場しました。

 

オープニングパレードでは、JA板橋地区青壮年部と役職員が、地場産の野菜で作った「宝船」を、地元の小学生が縄を引き、迫力ある宝船に多くの沿道の方から拍手がわいていました。

 

また、地場産野菜の即売や、女性部による田舎まんじゅうの販売、植木市、農業祭共進会も生産者とJA職員が協力しながら行われ、会場は賑わいを見せていました。

 

 

ANN04 板橋農業祭り②

12 人がいいね!しています

総合園芸センターふれあいの里 お客様が選ぶ農産物品評会開催

JA東京あおば総合園芸センターふれあいの里で、10月28日(土)、29日(日)、秋のお客様が選ぶ農産物品評会を行いました。

 

台風22号接近につき開催が心配されたが、野菜は合わせて152点、花は69点もの品物が集まりました。

品評会では、来店したお客様が、100名の審査委員として野菜と花を審査しました。

 

特賞、優秀賞、優良賞と札がつけられ、見学する人も多く見受けられました。

 

2日目の午後1時より品評会に出店物を販売しました。台風の影響もあり、来店者は例年より少なかったが、たくさんの品物は30分ほどで完売しました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

12 人がいいね!しています

田柄支店でジャンボカボチャ大会開催

JA東京あおば田柄支店で、8月18日(金)、第18回「ジャンボカボチャ大会」を開きました。

生産者8人が持ち寄った21点のカボチャはどれも立派な出来。職員が計量し、重さを測った。当日は支店前にジャンボカボチャを展示し、来店者や通行人が写真を撮る姿が見られた。

田柄地区では7月に、ビニールハウスが破けてしまうほどの雹(ひょう)が襲い、多くの農産物が被害を受けました。ジャンボカボチャも雹の被害を受け、表面には雹が当たったとみられる跡が散見されました。

 

東京あおば・0818・ジャンボカボチャ大会・

 

18 人がいいね!しています

親子料理教室を開催しました

JA東京あおばは8月4日(金)、10日(木)の2日間、「旬の地場野菜の美味(おい)しいを包んだ“おやき”を作って食べよう」をテーマにした親子料理教室を開きました。

 

 

石神井支店と練馬春日町支店の調理室で行った教室は直売所でのポスターとチラシ、ホームページなどで参加を募り、2会場で合わせて3~10才の子供と保護者 19人が参加がありました。

あおばの地粉を使い、地場産野菜を使った麻婆味噌味を含む3種類の餡を包んだおやきを作り、Aコープ品の牛乳かんに地場のブルーベリーと東京大越瓜のシロップ煮を添えたデザートも試食。江戸東京野菜の紹介とともに地場産野菜のおいしさを伝えることができました。

 

17 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧