活動報告ブログ

その他

豊玉支店で七夕まつりを開催しました

JA東京あおば豊玉支店は、7月6日(金)、「七夕まつり」を開いた。旧練馬農協時代から20年続くイベントで、練馬区産の笹に組合員と職員が飾り付けしました。

また、日頃の感謝の気持ちを込め、同支店では窓口と現金自動払機(ATM)利用者に組合員の作りたての田舎まんじゅうをプレゼントしました。

ご来店いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

9 人がいいね!しています

ふれあいの里 お客様が選ぶ農産物品評会

JA東京あおばは、6月23日(土)・24日(日)の2日間、総合園芸センターふれあいの里で「お客様が選ぶ農産物品評会」を開きました。

ふれあいの里に出荷する農家が出品する恒例行事です。旬のトウモロコシ、トマト、エダマメ、など17種類の野菜158点、苗物などの花き類5種類56点が出展され、農産物について生産技術を競いました。

東京あおば・180623・お客様が選ぶ農産物品評会
展示初日に、来店客100人を審査員として募集し、審査を経て、当日の昼に各農産物の特賞、優秀賞、優良賞を発表しました。

 

2日目の午後からは展示品を特価で販売しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

DSC_0273 

5 人がいいね!しています

「ねり丸キャベツ」ブランドへの想い 練馬区長と意見交換を行いました

JA東京あおば野菜流通協議会は6月19日(火)、練馬区役所に前川燿男区長を訪ね、対談を行い、今季収穫された練馬区産ブランドキャベツである「ねり丸キャベツ」を贈呈しました。

 

この取り組みは管内の基幹作物であるキャベツ生産の現状、将来に向けて更なるブランド推進の取り組みについて意見交換する場として年1回開催しています。

 

今年度は育苗期の高温や5月の少雨などが影響し、平年より早い出荷が行われています。野菜流通協議会では、都内の市場へ5月上旬から7月上旬にかけ、約3万8千ケースの出荷を見込んでいます。

 

 

    東京あおば・0619・「ねり丸キャベツ」ブランドへの想い、練馬区長と意見交換

1人がいいね!しています

野菜流通組織協議会 初夏産キャベツ品種検討会を開きました。

JA東京あおば野菜流通協議会は6月5日(火)、石神井地区のキャベツ畑2圃場で平成30年度初夏産キャベツ品種検討会開きました。

P1140765

 

 

 

 

 

 

 

 

この取り組みは管内の基幹作物であるキャベツの品種を選定し、試作品種の圃場見学、意見交換、食味検討により、協議会の推奨する現行品種と、食味、玉揃い、箱詰めのしやすさなどを比較し、品質向上をめざすのが目的です。

 

今回は生産者2名が2品種を試作栽培し、栽培履歴や現行品種と比較した特徴などを報告しました。当検討会には会員9名とJA事務局、試験品種を提供していただいた種苗メーカー担当者、東京都農業改良普及センター指導員が参加し、種苗メーカーからは事前に収穫調査した結果をもとに、試作品種の形状や性質、肥培管理などについて説明を受けました。

 

今年度は育苗期の高温や5月の少雨などが影響し、平年より早い出荷が行われている。野菜流通協議会では、都内の市場へ5月上旬から7月下旬にかけ、約4万3千ケースの出荷を見込んでいます。

 

東京あおば・180605・練馬キャベツの新品種検討

12 人がいいね!しています

「にりん草」「板橋地区アグリセンター」で夏野菜苗を即売しています

JA東京あおばは、板橋地区にある直売所「にりん草」と「板橋地区アグリセンター」で、夏野菜苗の販売を行っています。

 

トマト、キュウリ、ナス、ピーマン等の野菜苗をはじめとして、多くの種類が店の前に並び、開店初日は列が出来るほどの人気ぶりでした。

 

生産者の一人は「しっかりと根の張る生育の適した時期に植え付けが出来るよう、コンディションの良い苗を作ってきた。野菜の収穫量も生育具合で変わってくるので『JAの苗はしっかりと育つから毎年楽しみだ』と喜ばれる」と話す人もいました。

 

 

店外で種類別に並べた夏野菜苗の販売、店内で季節のとれたて野菜を販売しており、生産者が野菜苗を出荷の際にお客さんに育て方のポイントやアドバイスを教えるなど連日多くのお客さんで賑わっています。
 

11 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧