活動報告ブログ

城北ぶどう研究会 剪定講習会を行いました

JA東京あおば城北ぶどう研究会は、5月2日(火)、同研究会員メンバーの圃場で剪定講習会を行い、14名のぶどう生産者が参加しました。

 

 

 

東京都の農業改良普及センターの普及員を講師に招き、移植後6年が経過した高尾という品種の樹を対象に、新梢の管理方法を学びました。

 

管理の主な目的は、花穂の切り詰めや、ジベレリン処理等の作業を一斉に行えるように新梢を揃えるためです。その他にも今年はべと病が早い時期から活発なので警戒するようにと注意を促していました。

 

 

8 人がいいね!しています

こぐれ村にて夏野菜苗の即売会を開催しました

4月29日・30日の2日間、大泉地区にある直売所「こぐれ村」で、夏野菜苗の即売会を行いました。

 

約50種類の野菜苗やハーブ類の苗が直売所に並び、開店前には苗を心待ちにする組合員・地域住民150名の行列ができました。

JAの苗は、4月下旬まで大きく育ててから販売するので、「JAで買う苗は大変丈夫で定植後の生育も順調だ」と購入者に好評です。

 

IMG_6970

 

また、即売会に合わせて、特設テントでの地場産農産物の販売、女性部による赤飯とまんじゅう、玉こんにゃくの販売なども行い、にぎわいを見せていました。

 

DSC_0021

今回で8回目となる「農家が教える夏野菜苗の育て方講座」も2日間行い、ナス・トマト・キュウリ・ピーマンの育て方について、実際の苗とレジュメを使い説明しました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

4 人がいいね!しています

とれたて村石神井で夏野菜苗即売会を行いました

JA東京あおばは、4月29日(土)、石神井地区にある直売所とれたて村石神井で夏野菜苗の即売会を行いました。

 

JAではこの時期に各直売所で夏野菜苗の販売をしており、とれたて村ではナス、トマト、キュウリなどの夏野菜を中心に約20種類、5,000鉢が店内と駐車場に並びました。

 

開店前には100名程の行列ができました。

 

会場内では生産者が栽培方法の説明や品種の紹介などを行っており、多くの来場者が熱心に説明を聞き、プロの技を学ぼうと盛んに質問する光景も見受けられました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

8 人がいいね!しています

ふれあいの里 夏野菜苗の即売会はじまりました

JA東京あおば総合園芸センターふれあいの里は、本日4月26日(水)から毎年恒例の夏野菜苗大即売会を開始しました。

 

トマト、ナス、キュウリなどの夏野菜を中心に約20種類を敷地内駐車場に並べ販売しています。

 

 

例年、「夏野菜の販売はいつからか」との問い合わせも多く「楽しみにしていた」との声もたくさんあります。

 

出荷している生産者が直接販売するので、育て方のアドバイスをしてもらえることも魅力のひとつで、毎年、遠方から来店する人も多く、生産者を指名する人もいます。

 

 

即売会は、5月1日(月)まで開催しています。

 

★JA東京あおばのイベント・即売会情報はこちら

 

11 人がいいね!しています

練馬地区女性部 手芸教室を開催しました

JA東京あおば練馬地区女性部は、4月25日(火)、手芸の会を開催しました。

 

今回は、レース針で編む「ループクロッシェのラリエッタ シャボン」というシャボン玉のようなビーズを使ったネックレスを参加者12名が作成しました。

 

手芸の得意な部員が講師となっており、部員同士で教えあいながら和やかな雰囲気の会となりました。

 

よそ行きのおしゃれな服にも、普段着にもつけられるようなネックレスが仕上がりました。

 

次回の手芸の会では、様々なパーツを組み合わせて編んで作るブローチ作りに挑戦する予定で、これらの作品は夏に開催される練馬地区女性部の文化展でも展示する予定です。

 

 

11 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧