活動報告ブログ

JA東京あおば家の光クッキング・フェスタを開催しました

7月8日(土)、「旬の地場産大集合!」をキャッチフレーズに、石神井支店で「JA東京あおば20周年記念事業 家の光クッキング・フェスタ」を開催しました。地域の皆さまを中心に、スタッフと合わせて約190名の参加となりました。

 

IMG_4519

2016年10月に発足させた20周年記念事業プロジェクト「NEXT AOBA PJ」の一環です。

会場設営はプロジェクトメンバーが行い、調理は女性部にご協力いただきました。食材には、旬の江戸東京野菜「雑司ヶ谷ナス」と新たに販売するPB商品「江戸東京野菜福神漬」も使用し、参加者の興味を引いていました。

 

IMG_4526

 

 

当日は、晴天にも恵まれ、きじまりゅうた先生のご指導のもと準備した、地場産の野菜たっぷりのメニューも来場者に大変好評でした。IMG_4669

 

都市農業を守るためにも、地産地消や旬の野菜の美味しさ知っていただきたいという思いが来場者に伝えることができ、笑顔であふれるイベントになりました。

IMG_4710

 

     IMG_4825

 

 

集合写真②

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

22 人がいいね!しています

板橋地区女性部 寄せ植え教室を行いました

7月4日(火)、板橋地区女性部は、寄せ植え教室を開き、14名が参加しました。

 

同女性部では、今後も積極的な生活文化活動を展開していきます。

 

 

 

 

IMG_5950

 

3 人がいいね!しています

練馬体験農園利用者の立毛品評会を行いました

練馬区農業体験農園園主会は、6月20日(火)、体験農園利用者の立毛品評会を行いました。

 

同品評会は今回で12回目を迎え、昨年に引き続き初夏にJA東京あおばの職員が審査員を務めました。

 

主にトマト・ナス・キュウリなどの果菜類を中心とした夏野菜を審査で、今年は少雨の影響からか、生育の遅れる作物も見受けられたましたが、どの農園も利用者の栽培工夫や管理がしっかりと行われていました。

 

20 人がいいね!しています

こぐれ村で寄せ植え教室開催しました

JA東京あおばは、6月17日(土)に農産物直売所こぐれ村にて毎年恒例の寄せ植え教室を開催しました。

 

ポイントカードの会員を対象に、店頭でチラシを配り参加者を募集し、今回は20名が参加しました。

毎年人気の教室で、素材は地元「大泉産」にこだわっています。

 

講師を務めるのは、花農家の小川美佐子さん。

 

マリーゴールドやペチュニア、コリウスなどの季節の花苗13種から5点を選び、参加者は思い思いの鉢を完成させました。

 

直売所内のレジ横のスペースを特設会場とすることで、来客数が減る午後の集客を狙い、直売所での購買にも繋げようという試みです。

参加者は「とても楽しめた。一人で参加したが、隣の方と仲良く話しながら作業が出来た。農家から直接植えるコツが教われて良かった」と話しました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

14 人がいいね!しています

こぐれ村 夕市開催しました

6月16日(金)大泉地区の直売所こぐれ村は、第1回夏の夕市を開きました。夏野菜が豊富な時期に夕涼みを連想させるこのイベントは、今年で4年目の開催となります。

 

新鮮な地場産野菜は、16時の開店に合わせて生産者が出荷し全て入れ替えます。枝豆・トマト・じゃがいもの品種食べ比べや、直売所で開催する料理教室の講師による夏野菜料理試食、500円購入ごとにもらえるスタンプを集めるスタンプラリーなどで大いに賑わいました。

 

 

今後も7月23日まで計5回、金曜日の16時~18時に開催します。

 

15 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧