活動報告ブログ

その他

板橋区の食育月間 「志村みの早生大根」地元の蕎麦屋へ

JA東京あおばは、板橋区の毎年6月に行われる「食育月間イベント2016」に協力しました。区では、「食育推進ネットワーク」「健康づくり協力店」「食育推進ボランティア」「離乳食訪問お助け隊」など、食育を推進するための取り組みを行っており、JAは、江戸東京野菜である「志村みの早生大根」を区に提供しました。管内にあるそば屋(健康づくり協力店)6店舗で提供されました。

 

板橋区小豆沢にある「満月」では、志村みの早生大根は独特の辛みが特徴のため、すりおろした大根に甘みの強い大和芋、卵黄、つゆを混ぜたつけ汁で食べるスタイルで提供されていました。大根の葉も、塩もみしレモンで風味をつけ、トッピングとして出されており、蕎麦の風味を豊かにし、初夏にぴったりなさわやかな味は来店者に好評でした。

 

志村みの早生大根は、6年前にJAが組合員の協力で復活させた固定種のため、種の選抜や栽培方法の確立を進めており、圃場では安定化栽培の努力を続けていますが、今年は昨今の異常気象のため、例年よりも生育は悪く出荷量は昨年より少なくなりました。

 

来店客の男性は「志村みの早生大根のことは知らなかった。地元で育てられた伝統のある江戸東京野菜を食べることができて嬉しい」と話していました。1週間の期間限定でしたが、地産池消や江戸東京野菜をPRする機会となりました。

 

12 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧