活動報告ブログ

イベント

雑司ヶ谷ナスで地元愛発見

JA東京あおばは、7月29日(日)、豊島区雑司が谷で初めて開催された「雑司ヶ谷ナスと鎮守の市」に出店しました。同イベントは、豊島区雑司が谷の大鳥神社と株式会社ELC JAPANが主催で、JAの他、地元の商店街の店舗、キッチンカーなど約10が出店しました。

 

 

東京あおば・180801・雑司ヶ谷ナスで地元愛発見

江戸時代から伝わる伝統野菜である「雑司ヶ谷ナス」が企画の中心で、地域の活性化を目的としたこのイベントでは、JAによる同ナスの販売、キッチンカーでは同ナスを使ったカレー2種の販売、大鳥神社の氏子さんの協力で同ナスが試食提供されました。

 

JAの用意した同ナス約70袋は午前中のうちに完売。神社社務所では、ナスを模った「福成す(ナス)お守り」や当日限定の御朱印を用意。午後になるにつれ、限定の御朱印を目的とした来場者も多く、終始賑わいをみせていました。

 

また、JAは、春先より職員が栽培した雑司ヶ谷ナス5鉢を神社に奉納。記念撮影をする来場者も多く、注目を集めていました。

 

来場者は「この地域にも農地があり、ナスなどが栽培されていたことが今では不思議」「豊島区にはもう農地はないが、雑司ヶ谷と土地の名前の付いた野菜なので、是非作り続けて欲しい」と話していました。

 DSC_0050

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

7 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧