活動報告ブログ

活動報告ブログ:2016年4月

赤塚支店で輪投げ大会を開催しました

4月20日(水)、板橋地区年金友の会は赤塚支店で輪投げ大会を開き、23名が参加しました。6ゲーム行い高得点を競うルールで、景品には管内の組合員から無償で提供された多肉植物もあり、大いに盛り上がりました。参加者は「輪投げは練習すればうまくなる。体力勝負ではなく慣れやコツが必要で、ストレス発散にもなるので楽しい」と話していました。

 

 

11 人がいいね!しています

ブルーベリー研究会が接木講習会を開催しました

4月19日(火)、ブルーベリー研究会は、東京農業大学グリーンアカデミー講師の福田さんを講師に招いて接木講習会を開きました。接木を行うことで、1本の木で複数の品種を栽培することができるようになり、耐暑性も向上し、果実収量の増収も見込めるようになります。講習会には摘み取り園の園主ら9名が参加し、ブルーベリーの栽培技術向上のために接木の仕方を学びました。

 

12 人がいいね!しています

若手正組合員と新入職員が座談会を行いました

4月18日(月)、練馬春日町支店にて若手正組合員(青壮年部員)2名と新入職員による座談会を開催しました。話題は多岐にわたり、協同組合の理念から始まり、株式会社と協同組合の違いについて、職員と組合員のコミュニケーションの重要性、都市農地を保存していくための税制問題についてなど、組合員目線での都市農業の現状や率直な意見をお話しいただきました。全ての新入職員研修を終えた職員からは、13日間にわたる研修で感じた疑問について質問する場面も見られました。

 

0418 青壮年部座談会①

 

今回、座談会に出席した管内の若手正組合員、山口さんと本橋さんは「組合員と職員は、お互いに教育し合う関係であり、積極的にコミュニケーションを取ってほしい。都市農業のさらなる発展のために、JA東京あおばの職員として日頃から何をすべきか考えて、都市農業の現状やJAの経営理念を理解して今後の業務に励むことを期待している」と話していました。

 

0418 青壮年部座談会②

 

座談会を終えた職員は「組合員からの率直な意見が聞けたことは貴重な時間であった。新入職員にもわかりやすく丁寧に、都市農業の現状やあるべきJA職員像を話していただいて、組合員のために日々の業務を頑張りたいという気持ちが強まった」と話していました。

13 人がいいね!しています

練馬地区女性部 手芸教室を行いました

4月18日(月)、練馬地区女性部は手芸教室を開催しました。今回は「マクラメ編みで作るブレスレット作り」をテーマに、講師を含め部員10名が参加しました。マクラメとは結んだり編み込むことで模様を作る技法で、ビーズなども用い製作に取り組みました。参加した女性部員は「はじめは難しかったが、先生に聞きながら作り上手くできました」と話していました。

 

0418 手芸教室①

0418 手芸教室②

11 人がいいね!しています

新入職員が農業研修を行いました

4月11日(月)~13日(水)の3日間、新入職員が農業研修を行いました。新入職員は3班に分かれ、それぞれ組合員の五十嵐さん、井口さん、山口さんの圃場で研修を行いました。圃場では、組合員の指導の下、とうもろこしや大根の播種、キャベツ苗の定植、トマトの摘果や芽かき、じゃがいもの芽かきなどを体験しました。

 

0411 新入職員研修①

 

新入職員からは、作業の中で疑問に感じたことを積極的に質問する場面も見られ、農業体験が初めての職員は、「農作業は難しいと感じる点もあったが、実際に土に触れることができて、有意義だった」と話していました。また、研修期間中は農業体験だけでなく直売所でも研修を行い、担当職員からプライベート商品や支店での即売会等のイベントについての説明を受け、農家が作った地場産農産物をJAの直売所で販売することの重要性を学びました。

 

0411 新入職員研修③

0411 新入職員研修②

 

受け入れてくださった組合員の皆さま、ありがとうございました。

 

12 人がいいね!しています
1 / 2ページ12
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧