活動報告ブログ

活動報告ブログ:2017年3月

「志村みの早生大根」安定供給に向け作付検討会

3月28日(火)、板橋地区振興センターで江戸東京野菜「志村みの早生大根」作付検討会議を開きました。

 

板橋地区の生産者19名が参加し、前年度と同様の作付規模で出荷数200本を目指します。志村みの早生大根は、復活して7年目。栽培方法が確立されておらず、生産が難しい作物です。

 

 

昨年度生育が順調だった生産者からは、「夏ダイコンなので、寒さに当てないように、マルチを使用しベタがけシートを3重に工夫すると上手く育つ」と報告がありました。

 

 

22 人がいいね!しています

女性組織協議会 練馬こぶしハーフマラソン2017ですずしろ汁をふるまいました

JA東京あおば女性組織協議会は3月26日(日)、練馬区主催の練馬こぶしハーフマラソン2017で、ダイコンをふんだんに使った「すずしろ汁」約4,000杯を参加者にふるまいました。

 

 

 

すずしろ汁とは練馬の農家が作る家庭料理で、ダイコンをはじめとする野菜と鶏肉、豆腐などを具にした味噌汁の上に、葉を刻んで混ぜた大根おろしをトッピングしたもの。美味しい地場産野菜を使った郷土料理を食べてもらうことで、地域農業をPRすることが目的です。

 

今回提供したすずしろ汁は、同協議会の会員約50名が前日から丹精込めて調理したものです。ダイコン、ニンジン、サトイモ、長ネギなど、可能な限り地場産野菜を使用しました。当日は雨の影響もあり冷え込んでいたため、あたたかいすずしろ汁は大好評。「大根おろしがたっぷり入っており食感が新鮮」「野菜がたくさん入っており、やさしい味でおいしかった」と笑顔で話しました。

 

 

また、会場では関係諸団体がブースを設け、練馬大根のたくあん漬の販売や、加工品などの販売を行いました。JAは練馬大根ドレッシングやゆずぽん酢しょうゆなどのプライベートブランド商品の販売を行ったほか、あたたかい金子ゴールデンビール麦茶をふるまいました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

20 人がいいね!しています

ふれあいの里で「春の感謝セール」を開催しました

3月15日(水)~20日(月)まで、総合園芸センターふれあいの里で、春の感謝セールを開きました。管内の野菜、植木、花やプライベートブランド商品などを1割引の特価で販売。また、19日(日)と20日(月)の2日間は、静岡県のJAしみずサービスが出展し、イチゴやデコポン、中玉トマトのレッドオーレを販売しました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

11 人がいいね!しています

「新鮮・元気いっぱい!東京農業フェア」に参加しました

3月10日(金)、新宿駅で「第16回新鮮・元気いっぱい!東京農業フェア」が開催されました。JA東京あおばはJA東京グループの一員として参加し、都市農業の魅力をPRしました。

 

 

ブースではダイコンやネギ、カブなどの野菜や果物、地場産農産物を使用したカレーなどを販売し、多くの方にご来場いただきました。

 

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

24 人がいいね!しています

合同農業機械等実技講習会を行いました

JA東京あおばとJA東京スマイルは3月9日(木)、練馬区立野町の圃場で合同農業機械等実技講習会」を行いました。営農指導担当部署の職員両JAあわせて15名が参加しました。

 

 

講習会は終日行われ、援農支援事業強化を目的として、ドラグショベル、トラクター、耕運機の操作説明および操作練習を実施しました。参加したJA東京あおばの若手職員は「トラクター等を実際に稼働する機会は少ないので、大変勉強になる」と、耕地の表層と深層を入れ替える天地返しを行いました。

 

13 人がいいね!しています
1 / 2ページ12
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧