活動報告ブログ

イベント

直売所「こぐれ村」店内で寄せ植え教室を開催しました

6月18日(土)に、こぐれ村で毎年恒例の寄せ植え教室を開催しました。ポイントカードの会員を対象に、店頭でのチラシはホームページ上で参加者を募集し、今回は17名が参加しました。

 

 

 

毎年人気の講座で、素材は地元大泉産にこだわっています。講師は花農家の小川さんが務め、今年はハーブをテーマにし、ローズマリーを中心に、鑑賞用トウガラシやペンタスなど用意された10種類の花から5種類を選び、参加者は思い思いの鉢を完成させました。プロの花農家から直接教えてもらえるということで、参加者には大変好評でした。

 

7 人がいいね!しています

こぐれ村で「夕市」を開催しました

JA東京あおばの直売所こぐれ村は、6月17日(金)と18日(土)、夏の夕市を開きました。

 

出荷組織「大泉新鮮直売組合」と協議を重ねて発案した夕市は、夏野菜が豊富な時期に夕涼みを連想させる夕方からのイベントで、今年度の開催で3年目となる。金曜日と土曜の16時~18時までの2時間を「夏の夕市」として行っています通常営業は17時までだが、1時間延長しています。

 IMG_5726

 トマトやエダマメをはじめとする新鮮な地場産野菜や、直売所で開催する料理教室の講師による夏野菜のピクルスやトマトのスープの試食を行いました。

 

夕市に合わせて行われたスタンプラリーは、来店し商品を購入すればもらえるスタンプを集め、6つでAコープ商品の冷やし中華、7つでPB商品の地粉うどん「ほん膳」、8つで練馬野菜カレーなどのプレゼントが貰える仕組みです。

 

 0617 こぐれ村夕市①

6 人がいいね!しています

小麦の収穫体験を行いました

 6月4日(土)、練馬区北町の圃場で、小麦の収穫体験事業を開催しました。農の魅力や都市農業に対する理解を深めていただけるよう、小麦を活用して農作業を体験できる事業として、区とJAが協力し毎年行っている企画です。

 

参加者は年間を通して、小麦の種まき、麦踏み、収穫までの農作業を体験できます。最後は収穫した小麦でうどんを作り味わうことができ、食農教育の一環として親子に人気の企画となっています。

 

 0604 小麦刈り取り①

 

育てた品種は「さとのそら」。当日は天候も良く、麦秋の時期を迎えた小麦が黄金色に輝く中、21名が刈り取り体験に参加しました。職員の説明を受けたあと、慣れない収穫鎌に悪戦苦闘しながら汗を流していました。

 

また、コンバインで刈り取った麦の脱穀も行い、子どもたちは初めて行う作業に興味津々でした。今回収穫した小麦は、次回開催するうどん作りに使用します。

 

0604 小麦刈り取り②

10 人がいいね!しています

こぐれ村で花・植木・野菜・赤飯の即売会を開催しました

5月28日(土)と29日(日)の2日間、こぐれ村にて、花・植木・野菜・赤飯の即売会を開催しました。アジサイなどの季節の花を中心に、数十種類に及ぶ花苗や植木、旬を迎えたキャベツを中心とした地場産の新鮮な野菜、また女性部加工グループ「ささげの会」手作りの赤飯を販売しました。両日ともに目玉商品として初日はキュウリ、2日目は新ジャガイモを50袋限定で販売し、直売所には目当ての品を買おうと長蛇の列ができました。

 

 

また、提携JAの農産物フェアを同時開催し、熊本県のJAやつしろ、長野県のJA北信州みゆき、秋田県のJA秋田しんせいの特産品が並び、即売会場を一層賑わせていました。特に、熊本地震で被害を受けたJAやつしろからは「はちべえトマト」など特産品のトマトが出荷され、来場者の人気を集めました。また、販売場所には募金箱を設置し、熊本地震被災地支援への協力を呼びかけました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

9 人がいいね!しています

赤塚支店でさつきフェスティバルを開催しました

5月20日(金)から22日(日)の3日間、赤塚支店にて板橋区と共催のさつきフェスティバルを開催しました。板橋地区皐月会を中心とした皐月の盆栽を展示し、一般公開を行いました。また、21日(金)はさつきの手入れ教室、22日(土)は初夏の草花の寄せ植え教室を行い、多くの参加者が集まりました。

 

 

会場では、皐月の販売や練馬野菜餃子等の実演販売のほか、青壮年部による江戸東京野菜、志村みの早生大根や板橋ふれあい農園会による新鮮な板橋区産野菜の即売会を行いました。また、スタンプラリーを開催し、集めた人には板橋地区女性部手作りの田舎まんじゅうをプレゼントしました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

9 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧