活動報告ブログ

ふれあいの里で「お客様が選ぶ農産物品評会」を開催しました

6月18日(土)と19日(日)の2日間、総合園芸センターふれあいの里で、「お客様が選ぶ夏の農産物品評会」を実施しました。

 

この品評会は、ふれあいの里に出荷している農家がそれぞれ腕によりをかけて生産した農産物を出品してもらう恒例行事です。

 

 

 

今が旬のナス、トマト、エダマメ等の18種類の野菜と苗物等の花卉類6種類農産物について生産技術を競いました。展示初日には、お客様100名を審査員として募集しました。審査員はエントリーされた農産物に投票し、当日の昼にはそれぞれの農産物に対して特賞・優秀賞・優良賞が発表されました。また、2日目の午後からは展示品の農産物を特価価格にて販売しました。

 

 

ふれあいの里は、今後も皆さまに喜ばれるイベントを企画し、高品質な区内農産物を提供することで、都市農業をPRしていきます。

 

 

 

7 人がいいね!しています

直売所「こぐれ村」店内で寄せ植え教室を開催しました

6月18日(土)に、こぐれ村で毎年恒例の寄せ植え教室を開催しました。ポイントカードの会員を対象に、店頭でのチラシはホームページ上で参加者を募集し、今回は17名が参加しました。

 

 

 

毎年人気の講座で、素材は地元大泉産にこだわっています。講師は花農家の小川さんが務め、今年はハーブをテーマにし、ローズマリーを中心に、鑑賞用トウガラシやペンタスなど用意された10種類の花から5種類を選び、参加者は思い思いの鉢を完成させました。プロの花農家から直接教えてもらえるということで、参加者には大変好評でした。

 

6 人がいいね!しています

こぐれ村で「夕市」を開催しました

JA東京あおばの直売所こぐれ村は、6月17日(金)と18日(土)、夏の夕市を開きました。

 

出荷組織「大泉新鮮直売組合」と協議を重ねて発案した夕市は、夏野菜が豊富な時期に夕涼みを連想させる夕方からのイベントで、今年度の開催で3年目となる。金曜日と土曜の16時~18時までの2時間を「夏の夕市」として行っています通常営業は17時までだが、1時間延長しています。

 IMG_5726

 トマトやエダマメをはじめとする新鮮な地場産野菜や、直売所で開催する料理教室の講師による夏野菜のピクルスやトマトのスープの試食を行いました。

 

夕市に合わせて行われたスタンプラリーは、来店し商品を購入すればもらえるスタンプを集め、6つでAコープ商品の冷やし中華、7つでPB商品の地粉うどん「ほん膳」、8つで練馬野菜カレーなどのプレゼントが貰える仕組みです。

 

 0617 こぐれ村夕市①

6 人がいいね!しています

キャベツ種子の検討会を行いました

6月7日(火)、JA東京あおば野菜流通協議会は、大泉支店で、平成28年度初夏産キャベツ品種検討会を開きました。

 

この取り組みは管内の基幹作物であるキャベツ種子の検討会で、試作品種の圃場見学、意見交換、食味検討により、協議会の推奨する現行品種と、食味、玉揃い、箱詰めのしやすさなどを比較し、品質向上をめざすのが目的です。今回は生産者2名が2品種を試作栽培し、栽培履歴や現行品種と比較した特徴などを報告しました。当検討会には会員10名とJA事務局、各種苗メーカー担当者、中央農業改良普及センター西部分室 主任普及指導員山岸明氏が参加し、山岸氏からは事務局と事前に収穫調査した結果をもとに、試作品種の形状や性質、肥培管理などについて講評を受けました。

 

協議会の品種選定だけでなく、病害虫に悩まされる生産者にとって参考となる内容で、参加者との活発な意見交換が行われ、参加した生産者は、高品質なキャベツ生産へ意欲を見せていました。

 

今年度は育苗期の高温や5月の少雨などが懸念されたが、現在は順調に生育しており、平年並みの出荷が行われています。野菜流通協議会では、都内の市場へ5月上旬から7月下旬にかけ、約4万6千ケースの出荷を見込んでいます。

 

 

8 人がいいね!しています

ポリシーブックの活用へ向けたグループワークを開催しました

6月7日(火)、JA東京あおば青壮年組織協議会は、平成28年度版ポリシーブックの活用へ向けたグループワークを行いました。

 

ポリシーブックとは部員が日頃抱えている悩みや課題について、青壮年部としての解決策をまず考え、青壮年部単独では出来ない課題についてはJAとの協力や行政などへの要請を通じて解決していくという考えを元に作成した青壮年組織の活動指針・政策提言集です。平成24年度から毎年作成していますが、昨年までは必ずしもポリシーブックに基づく活動を行えておらず、ポリシーブックをいかにして活用するかが青壮年部の課題の1つとなっていました。

 

今回は、ポリシーブックを青壮年部活動の柱とするため、グループワークを開催し、項目毎にグループを作り、今年度取り組む事項を話し合い、年度末にどの程度実現できたか、再び今回行ったメンバーでグループを作り、検証する予定で、メンバーは今回のグループワークに手応えを感じていました。

 

0607・ポリシーブック①

9 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧