活動報告ブログ

各組織の活動

果樹の立毛共進会 栽培技術向上目指す

JA東京あおば果樹組織協議会は、10月17日(水)、練馬区内の果樹を対象とした圃場で立毛共進会を開催しました。

 


今回の共進会は、JAの農業祭事業の一環で、生産者と共に管内の果樹園を回り、互いに講評し合うことで果樹の品質や栽培技術の向上を目指すことが目的です。また、同区の農家であっても他の圃場を見学することはないので、参加者は「大変勉強になる」と話しました。

 


審査対象となる樹種は毎年異なり、今年度は「カキ」・「キウイ」・「カンキツ」・「その他」が対象となりました。

 

9つの農園で審査が行われた結果、大泉地区の荘埜晃一さんが「その他」の樹種イチジクで練馬区長賞を受賞しました。

 

参加した生産者も栽培ポイントや改善点など審査員の説明を熱心に聞いていました。

 

 

7 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧