活動報告ブログ

活動報告ブログ:2018年10月

新たな「ねり丸キャベツ」を探しに種苗会社視察研修

JA東京あおば野菜流通協議会は、10月18日(木)、市場出荷向けに新たなキャベツの品種検討を行うため、種苗会社2社のキャベツ試験圃場で視察研修会を開きました。この取り組みは管内の練馬区の基幹作物であるキャベツの新たな品種を選定し、協議会の推奨する現行品種と、食味、玉揃い、箱詰めのしやすさなどを比較し、品質向上をめざすのが目的です。

今回は現在同会で試験栽培を行っている2社の試作キャベツ圃場を見学し、生産者各自が自分の畑で栽培している品種と比較検討しました。会員8人とJA事務局、試験品種を提供する種苗メーカー担当者が参加し、実際の圃場を見ながら試作品種の形状や性質、肥培管理などについて説明を受けました。


同協議会は、16年より区内のキャベツを「ねり丸キャベツ」として市場に出荷し、販売量の拡大や消費者に親しみを持ってもらう取り組みを行っています。

 

 DSC_0278

 

8 人がいいね!しています

果樹の立毛共進会 栽培技術向上目指す

JA東京あおば果樹組織協議会は、10月17日(水)、練馬区内の果樹を対象とした圃場で立毛共進会を開催しました。

 


今回の共進会は、JAの農業祭事業の一環で、生産者と共に管内の果樹園を回り、互いに講評し合うことで果樹の品質や栽培技術の向上を目指すことが目的です。また、同区の農家であっても他の圃場を見学することはないので、参加者は「大変勉強になる」と話しました。

 


審査対象となる樹種は毎年異なり、今年度は「カキ」・「キウイ」・「カンキツ」・「その他」が対象となりました。

 

9つの農園で審査が行われた結果、大泉地区の荘埜晃一さんが「その他」の樹種イチジクで練馬区長賞を受賞しました。

 

参加した生産者も栽培ポイントや改善点など審査員の説明を熱心に聞いていました。

 

 

7 人がいいね!しています

石神井地区そ菜部営農研究会 視察研修

JA東京あおば石神井地区そ菜部営農研究会は、10月10日(水)に視察研修を行いました。この研修は当研究会の若手部会員の意見により実現し、12名の参加がありました。

今回の視察研修では、埼玉県比企郡吉見町の「株式会社ときわ研究場」と群馬県藤岡市浄法寺の「日本ワイドクロス株式会社」を視察しました。

ときわ研究場ではキュウリの研究・品種の開発を行っており、自社ブランド商品の説明とキュウリのハウス抑制栽培を学びました。同研究会員でも同社が開発した商品を使用する方は多く、品種の気候に合わせた栽培方法と防除の仕方を熱心に学びました。また、練馬区では近年施設栽培が増えており、抑制栽培の講義と同社の研究用ハウスを見学したことで、普段の技術をもう一度見直す良い機会となりました。

 


もう一方の日本ワイドクロス社は、普段当組合でも扱う防草シートやサンサンネット等の被覆資材を製造する会社であり、同社にて商品の紹介と工場を見学しました。

石神井地区そ菜部営農研究会は、これからも栽培技術向上を目指し様々な勉強会や視察研修、試作栽培事業を行っていきます。

7 人がいいね!しています

板橋地区女性部 防災ブレスレットを作りました

JA東京あおば板橋地区女性部は、9月27日(木)、赤塚支店で『家の光』記事活用講座を開き、23人の参加がありました。

2018年7月号掲載のやさしいハンドメイド「アウトドアコードで作る防災ブレスレット」を作りました。防災ブレスレットは、「アウトドアコード」という軽くて丈夫なひもを編んで作ります。ほどくと、応急手当て用ロープや洗濯ひも、シーツと組み合わせ、目隠し用マントなどに活用できます。

東京あおば・0927・防災の意識高める

また、留め具はホイッスルになっているので、有事の際に助けを呼ぶ際にも役立ちます。

 

参加者は、編み方のコツや作り方など、わからないところを互いに教え合い交流を深めました。

参加者の一人は、「防災グッズを自分で作ることで、『もしも』の時に備えたい」と話しました。

 

IMG_7492

13 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧