活動報告ブログ

果樹の視察研修 カキの栽培技術向上

JA東京あおば果樹組織協議会は、10月30日(火)、神奈川県平塚市・茅ヶ崎市で視察研修を行いました。

今回の視察研修では、果樹生産者だけではなく野菜生産者にも参加を呼び掛けることで果樹への興味を持ってもらうと共に、交流や情報提供をする機会となりました。

 平塚市では、神奈川県農業技術センターで果樹のジョイント栽培を中心に学びました。

ジョイント栽培とは、主枝を水平(先端部の生育低下起らず)にし、生育の揃った側枝が得られことで栽培管理の簡易化・省力化に繋がり、生産性の向上になるものです。

 茅ヶ崎市の観光農園鈴木園では、JAさがみ果樹部会担当の福本氏からもカキの摘み取り園としての考え方や工夫・取り組みなどを学びました。園主の鈴木氏の圃場案内で、同園の概要、耕種、施肥、病害虫管理などの説明も受けました。参加者は「とても内容の濃い説明を頂き知識になった。今後のカキ摘み取り園として参考になることがたくさんある」と話ました。

 

東京あおば・181030果樹の視察研修 カキの栽培技術向上・

2 人がいいね!しています

練馬大根おろし入り 焼肉のたれ新発売!

JA東京あおばは、地場産の練馬大根とトウガラシを活用したオリジナル商品「練馬大根おろし入り 焼肉のたれ」の販売を始めました。

 

JAでは、今年度最終年度となる第7次中期経営計画で、具体的実践事項として「江戸東京野菜の普及・推進、プライベートブランド商品の開発などに取り組む」を掲げており、オリジナル商品のPR活動を行うことで、江戸東京野菜や地場産農産物の魅力を地域住民に発信しています。

「練馬大根おろし入り 焼肉のたれ」は、ダイコンのうまみを凝縮したしょうゆベースのおろしだれで、トウガラシのあと味がくせになりそうです!ダイコンだけでなく、ニンニクの風味が食欲をそそり、野菜はもちろん、肉や魚などのさまざまな料理に合う仕上がりです。

開発には、女性部役員やショップアドバイザーも試食等で関わりました。

 

「練馬大根おろし入り 焼肉のたれ」は、1本540円(290ml)で各地区センター・農産物直売所で販売しています。

 

9 人がいいね!しています

ハクビシン・タヌキによる農作物食害が年々増加

ハクビシン・タヌキによる農作物食害が年々増加しています。

 

2011年度、1頭だったハクビシン・タヌキの捕獲頭数は、2017年度には30頭に増加し、今年度は9月現在で25頭と増加。

中でも、ブドウをはじめとする果樹や甘味の強いスイートコーンの被害が多くなっています。

 

ある組合員は、毎年夏にスイートコーンの栽培を行ってきたが、食害が続く中で栽培品目を変える状況となり、農業収入にも大きく影響しています。

 

JA管内では、農作物を荒らす有害獣の捕獲に向けて、組合員の依頼があれば箱わなの設置等対策を講じています。

 

地域振興部の職員は、「動物は移動するので、自分の畑だけでなく、移動して他の畑も荒らす恐れがあるので、被害があった際には各地区アグリセンターやJA職員に声をかけて欲しい」と話しています。

 

 

★問い合わせは、各地区アグリセンターへお願いいたします。

https://www.ja-tokyoaoba.or.jp/store/

※各センターの箱わなには数に限りがありますので、ご了承ください。

 

6 人がいいね!しています

新たな「ねり丸キャベツ」を探しに種苗会社視察研修

JA東京あおば野菜流通協議会は、10月18日(木)、市場出荷向けに新たなキャベツの品種検討を行うため、種苗会社2社のキャベツ試験圃場で視察研修会を開きました。この取り組みは管内の練馬区の基幹作物であるキャベツの新たな品種を選定し、協議会の推奨する現行品種と、食味、玉揃い、箱詰めのしやすさなどを比較し、品質向上をめざすのが目的です。

今回は現在同会で試験栽培を行っている2社の試作キャベツ圃場を見学し、生産者各自が自分の畑で栽培している品種と比較検討しました。会員8人とJA事務局、試験品種を提供する種苗メーカー担当者が参加し、実際の圃場を見ながら試作品種の形状や性質、肥培管理などについて説明を受けました。


同協議会は、16年より区内のキャベツを「ねり丸キャベツ」として市場に出荷し、販売量の拡大や消費者に親しみを持ってもらう取り組みを行っています。

 

 DSC_0278

 

7 人がいいね!しています

果樹の立毛共進会 栽培技術向上目指す

JA東京あおば果樹組織協議会は、10月17日(水)、練馬区内の果樹を対象とした圃場で立毛共進会を開催しました。

 


今回の共進会は、JAの農業祭事業の一環で、生産者と共に管内の果樹園を回り、互いに講評し合うことで果樹の品質や栽培技術の向上を目指すことが目的です。また、同区の農家であっても他の圃場を見学することはないので、参加者は「大変勉強になる」と話しました。

 


審査対象となる樹種は毎年異なり、今年度は「カキ」・「キウイ」・「カンキツ」・「その他」が対象となりました。

 

9つの農園で審査が行われた結果、大泉地区の荘埜晃一さんが「その他」の樹種イチジクで練馬区長賞を受賞しました。

 

参加した生産者も栽培ポイントや改善点など審査員の説明を熱心に聞いていました。

 

 

6 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧