活動報告ブログ

都会の伝統野菜を地域の人にも広めたい!!

豊島区立目白小学校で、9月12日に、管内の生産者が雑司ヶ谷ナスに関する理解を深める授業を行いました。

 

同校では昨年度より4年生の総合学習の時間を利用し、地元の伝統野菜「雑司ヶ谷ナス」の栽培に取り組んでいます。

 

地元の大鳥神社で雑司ヶ谷ナスをメインテーマにマルシェが開催されていることをきっかけに、神社より苗の提供を受け、同校での栽培も行っています。栽培技術は児童自らが調べ、クラスごとに防除方法や仕立て等を工夫していました。

 

出前授業では、練馬区で雑司ヶ谷ナスの栽培を行う生産者が、雑司ヶ谷ナスと千両ナスの違いや、伝統野菜の栽培の難しさ、栽培を行う際のポイント等を説明しました。

 

 

東京あおば・20220912・都会の伝統野菜を地域に広めたい

 

 

15 人がいいね!しています

練馬大根の種まきを行いました!

JA東京あおばは、9月10日、練馬区高松にある(仮称)農の風景公園で、練馬大根の種まき体験を行ない、地域住民75組206名が参加しました。

 

 

東京あおば・220910・練馬大根種まき

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は、JA職員が練馬大根の種のまき方と練馬大根育成事業について説明を行ないました。1組あたり、30穴の播種に挑戦し、参加者は丁寧に作業を行ないました。

 

DSC_0007

 

 

 

 

 

 

 

参加した親子は、「こんなに小さな種が、大きな練馬大根になるのが驚きだ」「いつも食べているダイコンも、農家の作業あってこそだと実感する」と笑顔で話しました。

 

 

DSC_0030

 

 

 

 

 

 

 

今回の参加者は10月に間引き作業、12月には収穫も体験します。収穫された練馬大根は練馬区内の学校給食の食材として活用される予定です。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

DSC_0021

 

 

12 人がいいね!しています

全直売所インスタグラム開設!!

JA東京あおばは、9月1日、全直売所でインスタグラムのアカウントを追加開設しました。

これまでは、「JA東京あおば」と大泉地区にある直売所「こぐれ村」の2つのアカウントで管内農産物やイベントの情報発信を行ってきたが、情報発信を強化するため、全直売所、「ふれあいの里」、「にりん草」、「とれたて村石神井」、アグリセンターの「練馬地区アグリセンター」、「板橋地区アグリセンター」でも運用を開始しました。

 

運用は、各直売所の店長や職員が行います。

 

JAでは、「第9次中期経営計画(農業振興計画含む)」のなかで、協同組合運動を促進する広報活動の展開を重点施策に位置づけており、具体的実践事項としてSNSを活用した情報発信を掲げ、3年後にはフォロワー数を令和3年度対比で30%増やすことを目標値としています。

にりん草

https://www.instagram.com/nirinsou_aoba/

とれたて村石神井

https://www.instagram.com/toretatemurasyakujii_aoba/

こぐれ村

https://www.instagram.com/koguremura_aoba/

ふれあいの里

https://www.instagram.com/fureainosato_aoba/

練馬地区アグリセンター

https://www.instagram.com/nerima_agri_aoba/

板橋地区アグリセンター

https://www.instagram.com/itabashi_agri_aoba/

 

ぜひ、ご覧ください!

 

東京あおば・220901・全直売所インスタグラム開設

10 人がいいね!しています

練馬区長へ要望書提出

JA東京あおばは8月26日(金)、練馬区役所本庁舎で前川耀男練馬区長へ要望書を提出しました。

 

当日はJA久保秀一組合長の他、相原和彦副組合長、鈴木正明常務理事も同席しました。

要望には、農業資材価格高騰の支援について、都市農地貸借法の活用について、鳥獣被害対策の拡充等を盛り込みました。

 

このうち農業資材価格高騰の支援については、消耗品や燃料など農業資材価格が高騰する中、営農継続に必要な生産資材の安定供給体制確立を要望しました。

 

練馬区では令和5年3月「農の風景公園(仮称)」開園や11月には「(仮称)全国都市農業フェスティバル」開催が予定されるなど、都市農業のさらなる盛り上がりが期待されます。

 

東京あおば・220826練馬区長へ要望書提出

16 人がいいね!しています

ブドウの品質や食味を確認

JA東京あおば城北ぶどう研究会は8月18日(木)、石神井支店で「食味検討会」を開きました。

 

会員10名が定番品種の「高尾」や「藤稔」をはじめ「シャインマスカット」など14品種27点を持ち寄り、重量や糖度、色合いなどを測定のほか、試食によって実際の食味も確認しました。

 

当日は会員の他、都農業改良普及センターの普及員や練馬区都市農業課職員等も出席。

 

今年は天候の影響で生育や着色の遅れがありましたが、糖度も徐々に上がって来ており肥大も良好です。

 

ブドウは9月中旬にかけてJA直売所や生産者の庭先販売所でも販売され、贈答用としても人気があります。

 

DSC_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0002

18 人がいいね!しています
採用情報
きじまりゅうた「あおばの台所」
半期開示レポート
JA東京あおば半期開示レポート
東京あおばレポート
東京あおばレポート
広報誌

広報誌あおば最新号

  • JAあおば農業祭フォトギャラリー
  • 「笑味ちゃん」紹介
不動産の事なら東京協同サービス(株)
トピックス
  • プライベートブランド商品
  • イベント・キャンペーンカレンダー
  • 東京あおばの販売所
  • 組合員になりませんか?
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧