活動報告ブログ

女性部の活動

「板めし」 板橋産野菜料理教室開催

12月13日(木)、JA東京あおば赤塚支店で、板橋区健康推進課が主催する「板橋産野菜で板めしレシピ&志村みの早生大根料理講習会」が開かれました。

板橋区健康生きがい部・健康推進課とJA、JA女性部とのコラボレーション企画として、初めて開催し、区内在住の6人が参加しました。

板橋区産の野菜を使い、区が発行する食育レシピ本「おいしい 板めしレシピ」を使った調理講習会を開催し、野菜摂取量の増加と食の大切さへの理解につなげることが目的。また、合わせて同区特産の「志村みの早生大根」をPRし、食文化の伝承を行いました。

同区の栄養推進係職員が、採れたての地場産農産物を使い、「大根のスープ煮」「ビーフシチュー」「コールスローサラダ」等、5品のデモンストレーションと試食を行った後、JA職員が板橋区の農業についてと「志村みの早生大根」についての講義を行いました。

 

 

15 人がいいね!しています

こぐれ村 秋の収穫祭を開催しました

   11月10日(土)、11日(日)、こぐれ村で「秋の収穫祭」を開催しました。季節の花苗・地場産野菜の特価販売に加え、青壮年部の餅つき・焼きそば・フランクフルト、女性部の饅頭・赤飯・玉こんにゃく・焼き芋販売が会場を盛り上げました。

DSC_0985

他にも、チラシを持参のいただいた方にはJAプライベート商品詰合せが当たる抽選会、JA栗っこ、JAながの、JAところの特設ブース販売等が収穫祭を盛り上げました.

 

 

 

 

収穫祭のシンボルである野菜の宝船と花の観覧車は日曜午後に解体し、宝分けとして多くのお客様に災害義援金を募りながら配布しました。

 

DSC_0936

8 人がいいね!しています

板橋地区女性部 防災ブレスレットを作りました

JA東京あおば板橋地区女性部は、9月27日(木)、赤塚支店で『家の光』記事活用講座を開き、23人の参加がありました。

2018年7月号掲載のやさしいハンドメイド「アウトドアコードで作る防災ブレスレット」を作りました。防災ブレスレットは、「アウトドアコード」という軽くて丈夫なひもを編んで作ります。ほどくと、応急手当て用ロープや洗濯ひも、シーツと組み合わせ、目隠し用マントなどに活用できます。

東京あおば・0927・防災の意識高める

また、留め具はホイッスルになっているので、有事の際に助けを呼ぶ際にも役立ちます。

 

参加者は、編み方のコツや作り方など、わからないところを互いに教え合い交流を深めました。

参加者の一人は、「防災グッズを自分で作ることで、『もしも』の時に備えたい」と話しました。

 

IMG_7492

13 人がいいね!しています

板橋地区女性部「夏野菜を食べよう!!試食会」を行いました

JA東京あおば板橋地区女性部は、7月18日(水)、赤塚支店・板橋地区アグリセンターで、地域住民を対象に「夏野菜を食べよう!!試食会」と題して、ゴーヤ料理の試食会を行いました。

ゴーヤは、同支店の緑のカーテンとして育て、当日の朝、部員が収穫したものも含まれています。

 

 

女性部員は「喜んでもらえるように」と事前に料理教室を行い、ゴーヤのチャーハン、ゴーヤチップ、ゴーヤの佃煮を振る舞いました。チップスにするゴーヤは、素揚げする前に半日乾燥させ旨味を凝縮させています。

 

「5月に支店でもらった苗を育てている。収穫したらこのレシピに挑戦したい」と話す来店者や、試食後に地場産のゴーヤを購入する来店者も見受けられ、店内はいつも以上ににぎわいを見せました。

 

 

ご来店いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

32 人がいいね!しています

こぐれ村 夏の収穫祭大盛況

JA東京あおばは、7月7日(土)と8日(日)の2日間、大泉地区の直売所こぐれ村で、夏の収穫祭を開きました。

農産物が多く並ぶこの時期に、新鮮な地場産農産物のPRとリピーターを増やすことが目的で、野菜・花・植木を1割引きで販売した。

 

女性部・青壮年部が店舗前で田舎まんじゅうや焼き餃子、PB商品の地粉を使用したお好み焼きの販売を行い、イベントを盛り上げました。

なかでも、採れたての焼きトウモロコシは人気で、2日間で600本を完売しました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

17 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧