活動報告ブログ

その他

果樹の視察研修 カキの栽培技術向上

JA東京あおば果樹組織協議会は、10月30日(火)、神奈川県平塚市・茅ヶ崎市で視察研修を行いました。

今回の視察研修では、果樹生産者だけではなく野菜生産者にも参加を呼び掛けることで果樹への興味を持ってもらうと共に、交流や情報提供をする機会となりました。

 平塚市では、神奈川県農業技術センターで果樹のジョイント栽培を中心に学びました。

ジョイント栽培とは、主枝を水平(先端部の生育低下起らず)にし、生育の揃った側枝が得られことで栽培管理の簡易化・省力化に繋がり、生産性の向上になるものです。

 茅ヶ崎市の観光農園鈴木園では、JAさがみ果樹部会担当の福本氏からもカキの摘み取り園としての考え方や工夫・取り組みなどを学びました。園主の鈴木氏の圃場案内で、同園の概要、耕種、施肥、病害虫管理などの説明も受けました。参加者は「とても内容の濃い説明を頂き知識になった。今後のカキ摘み取り園として参考になることがたくさんある」と話ました。

 

東京あおば・181030果樹の視察研修 カキの栽培技術向上・

5 人がいいね!しています

ハクビシン・タヌキによる農作物食害が年々増加

ハクビシン・タヌキによる農作物食害が年々増加しています。

 

2011年度、1頭だったハクビシン・タヌキの捕獲頭数は、2017年度には30頭に増加し、今年度は9月現在で25頭と増加。

中でも、ブドウをはじめとする果樹や甘味の強いスイートコーンの被害が多くなっています。

 

ある組合員は、毎年夏にスイートコーンの栽培を行ってきたが、食害が続く中で栽培品目を変える状況となり、農業収入にも大きく影響しています。

 

JA管内では、農作物を荒らす有害獣の捕獲に向けて、組合員の依頼があれば箱わなの設置等対策を講じています。

 

地域振興部の職員は、「動物は移動するので、自分の畑だけでなく、移動して他の畑も荒らす恐れがあるので、被害があった際には各地区アグリセンターやJA職員に声をかけて欲しい」と話しています。

 

 

★問い合わせは、各地区アグリセンターへお願いいたします。

https://www.ja-tokyoaoba.or.jp/store/

※各センターの箱わなには数に限りがありますので、ご了承ください。

 

6 人がいいね!しています

石神井地区そ菜部営農研究会 視察研修

JA東京あおば石神井地区そ菜部営農研究会は、10月10日(水)に視察研修を行いました。この研修は当研究会の若手部会員の意見により実現し、12名の参加がありました。

今回の視察研修では、埼玉県比企郡吉見町の「株式会社ときわ研究場」と群馬県藤岡市浄法寺の「日本ワイドクロス株式会社」を視察しました。

ときわ研究場ではキュウリの研究・品種の開発を行っており、自社ブランド商品の説明とキュウリのハウス抑制栽培を学びました。同研究会員でも同社が開発した商品を使用する方は多く、品種の気候に合わせた栽培方法と防除の仕方を熱心に学びました。また、練馬区では近年施設栽培が増えており、抑制栽培の講義と同社の研究用ハウスを見学したことで、普段の技術をもう一度見直す良い機会となりました。

 


もう一方の日本ワイドクロス社は、普段当組合でも扱う防草シートやサンサンネット等の被覆資材を製造する会社であり、同社にて商品の紹介と工場を見学しました。

石神井地区そ菜部営農研究会は、これからも栽培技術向上を目指し様々な勉強会や視察研修、試作栽培事業を行っていきます。

6 人がいいね!しています

小型農機整備会・安全指導講習会を開催しました

JA東京あおばは、8月21日~9月12日の間に、全4地区アグリセンターで小型農業機械点検整備会を行いました。

 

JAでは年に一度、各地区アグリセンターで整備会を行い、数多くの組合員が農機を持ち込み、JA職員がメンテナンス、修理、清掃と農業機械の状態や不具合の原因を確かめ整備しています。

 

JAで購入していないものでも対応し、組合員からのニーズも高いことから、利用率は高まっています。今年度は、49名76台の利用実績となりました。

また近年、高齢者の農作業中の死亡事故が増加、特に80歳以上の事故は増加傾向にあり、この整備会を通して農業機械の使用方法と安全指導も行いました。

 

東京あおば・0912・小型農機整備会・安全指導講習会開催

10 人がいいね!しています

ジャンボかぼちゃ大会を開きました 

JA東京あおば田柄支店は8月20日(月)、第19回「ジャンボかぼちゃ大会」を開きました。

 

生産者8人が持ち寄った18点のカボチャはどれも立派な出来。職員が計量し、重さを測りました。当日は支店前にジャンボカボチャを展示し、来店者や通行人が写真を撮る姿が見られました。

今年は記録的な猛暑が続き、高温障害など心配されたましたが、昨年より大幅に大きく育ちました。

 

授賞式の後は、参加者が栽培について意見交換を行いました。

 

20 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧