活動報告ブログ

青壮年部の活動

第42回板橋農業まつりが開催されました。

11月9日(土)・10日(日)、板橋区赤塚体育館通り周辺で「大地と心を 豊かに耕(たがや)す 板橋農業 」をテーマに、第42回板橋農業まつりが開催されました。板橋区と協力して行われる一大農業イベントです。

オープニングパレードでは板橋地区青壮年部が制作した15種類の農産物、重量1.5トンの「野菜宝船」を地元の小学生が引き、通りを練り歩きました。
IMG_7848

IMG_7836

IMG_7856

IMG_7877

IMG_7914

会場の板橋区立赤塚小学校では、植木市や売店に多くの方が集まりました。 IMG_7769

職員、板橋地区女性部の皆さんが作った田舎まんじゅうには長蛇の列ができました。IMG_7756

IMG_7751

赤塚体育館の屋内競技場は農産物品評会の会場になりました。IMG_7653

IMG_7629

板橋区は今年度、認定農業者制度を創設。7月に初めての説明会を開催しました。また、2016年度から10年間にわたる「産業振興構想2025」で産業振興施策として「農業」を位置づけています。JA東京あおばも「都市農業を守る」という使命と掲げており、お互い協力し合い「農業」を守ってまいります。

8 人がいいね!しています

こぐれ村に夏野菜が揃いました!

7月6日(土)、7日(日)、こぐれ村で収穫祭が開かれました。直売所では新鮮な夏野菜がたくさん並びました。

IMG_1557

IMG_1565

IMG_1566

お昼近くには大泉地区青壮年部の焼きとうもろこし、焼きそば

また、女性部の作ったおまんじゅうとお赤飯が大人気でした。

IMG_1613

IMG_1554

IMG_1578

IMG_1606

大泉支店の職員もイベントに参加。お客様にアンケートを実施しました。

IMG_1546

IMG_1601

 

 

14 人がいいね!しています

どこでもマルシェ in 富士見台 開催!

「どこでもマルシェ」は石神井地区青壮年部を中心に活動する地元生産者の集まりです。現在区内の各所で生産者がマルシェを立ち上げ、区の支援を受け、活発に活動を行っています。

6月14日(金)、富士見台支店の駐車場には色とりどりのテントが並びました。トマトやナスなどの旬の野菜や、ヒマワリやマリーゴールドなどの花の苗、JA東京あおばのプライベートブランド商品が並び、会場には多くの人が訪れ賑わいました。また、店内では地元警察署・地元の漫画家 松本零士氏・JA東京あおばの3者が協力し、「銀河鉄道999」のイラストを載せた詐欺防止を謳うファイルとポケットティッシュを来店者に配布していました。

IMG_9593

IMG_9592

IMG_9613 (2)

IMG_9631

11 人がいいね!しています

こぐれ村 秋の収穫祭を開催しました

   11月10日(土)、11日(日)、こぐれ村で「秋の収穫祭」を開催しました。季節の花苗・地場産野菜の特価販売に加え、青壮年部の餅つき・焼きそば・フランクフルト、女性部の饅頭・赤飯・玉こんにゃく・焼き芋販売が会場を盛り上げました。

DSC_0985

他にも、チラシを持参のいただいた方にはJAプライベート商品詰合せが当たる抽選会、JA栗っこ、JAながの、JAところの特設ブース販売等が収穫祭を盛り上げました.

 

 

 

 

収穫祭のシンボルである野菜の宝船と花の観覧車は日曜午後に解体し、宝分けとして多くのお客様に災害義援金を募りながら配布しました。

 

DSC_0936

8 人がいいね!しています

第41回板橋農業まつり開催(主催:板橋区) 

11月10日(土)、11日(日)に赤塚体育館通りや板橋区立赤塚小学校など4会場で、板橋の秋の風物詩「第41回 板橋農業まつり」を開催しました。

 

10日に始まったオープニングパレードでは、赤塚小学校の鼓笛隊を先頭に、総重量約1.5トンの野菜で出来た「野菜宝船」が登場。地元の小学生100人と地元の生産者がパレードを行いました。

 

また、「志村みの早生大根」をはじめ、地場産農産物の即売や女性部による田舎まんじゅうの販売、植木市、共進会も行われ、会場は賑わいを見せていました。

 

12 人がいいね!しています
  • 最新の記事一覧
  • カテゴリ別一覧
  • 月別記事一覧